ヒノマルで働く

TRICKSTERとは『日常と非日常を結ぶもの』『道化師(いたずら者)』という意味があります。われわれトリックスターズグループは『遊びの既存の常識概念を破っていく者』という自負を持って、毎日仕事に取り組んでいます。

子どもが遊んで怒る親はいませんが、大人が遊ぶことはいけないことのようなイメージがあります。
勉強や仕事も大切ですが、働きづめでストレスをためたり元気がなくなったりしたのでは意味がありません。狩猟時代から「遊び」は存在します。生きるか死ぬかという極限の生活をしていても、夜には火を囲んでお酒を飲んだりすることで、「また明日も頑張ろう!」という気持ちになれる。「遊び」があるから豊かな生活を送ることができるのです。
当社の経営理念は「遊びの解放」。「遊び」の存在意義を本来の姿に戻し、人間が人間らしく生きられる社会の実現を目指しています。

仕事にも遊びを取り入れよう

トリックスターズは完成された会社ではありません。社員全員で一緒につくっていく会社です。経営者や上司が言ったことが正しいとは限りません。いろんな意見が交わされる風通しのいい会社である事が遊びの追求、店舗ごとのサービスにつながります。 なので、一人ひとりが持つ個性を100%発揮できるようにすることも大切。
店長やマネージャーは20代~30代前半のスタッフがほとんどですが、彼らが現場のスタッフと一緒に、自分たちの発想でお店づくり、サービスづくりをしています。

非日常的な特別感と快適さを追求

トリックスターとは道化師(ピエロ)のこと。道化師には、日常から非日常にご案内する役割があります。我々も各店舗ごとに、店長をはじめとしたスタッフ全員が、お客様を非日常へいざなう存在を目指して、業務に携わっております。
店舗の空間、より高いサービスの提供。我々のお店は都内に特化していますが、その街によって、お客様の層が違います。来ていただくお客様が違うので、それぞれの店舗が独自の工夫を行っています。

トリックスターズグループの店舗は都内を中心とした関東に18店舗、中四国地方に6店舗。
どの地域でも社員やアルバイトスタッフが、安心して暮らして仕事に励める、福利厚生も整っています。
のびのびと働くことによって、お客様にもサービスを還元できるのです。
店舗一覧はこちら

  • トリックスターズグループ採用情報
  • NPO法人東京都ドッジボール協会
  • PP奨学金パチンコ・パチスロ奨学金